生産先進国、消費後進国~JDPアセットマネジメント株式会社

ロシアを旅した人の目にはこの国の消費生活は日本の十数年前の終戦間もないころの状況を連想させる。

 

商品の量も種類も極めて少なく、物価は日本の23倍は確かにする。

 

ビワほどの小さな色の悪いリンゴが一個百円もしている。

 

商店は国営で、店員は公務員だから、売れても売れなくても店員には関係ないのだからサービスなどする必要がない。

 

包装などほとんどしてくれない。

 

行列の好きな国民で、あちこちのんびりした列がみられる。

 

クレムリン前の国営グム百貨店の内部は人々でこったがえしていたが、人の方が品物よりはるかに多いのには驚いた。

 

国民の平均サラリーは34万円で日本よりかなり低いようである。

 

さて、これだけ並べたてるとロシア国民は日本より貧しく可哀想だと考えがちである。

 

ところが、比較の基準を変えてみると日本の国民生活の方がはるかに後進国ではなかろうかということにもなる。

 

それはロシアでは国民生活の基本的な消費ファンド(蓄積)は大部分完備しているのである。

 

病院・教育・託児所・幼稚園・養老院施設などはタダかわずかの料金で解放されている。


JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

このブログ記事について

このページは、-が2015年8月11日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空間を売って、時間を買う~JDPアセットマネジメント株式会社」です。

次のブログ記事は「仕事をおもしろくするには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。