字くばりに注意

「拝啓」と書いて、一字分あけて、四季のあいさつを書くのがふつうの書き方。

ただし、改まった手紙のときは、改行して書きます。

このごろの手紙のほとんどは、改行するとき一字下げますが、これは印刷物の影響で、頭部をそろえてもかまいません。

むしろ、本文の中の「御」の字は行末に来ないように、「先生」、「貴方」など先方の名前、代名詞などが分割しないように書きたいものです。

このためには、行末は不ぞろいになってもよいとされています。

人名のほか、品名、地名、数字、熟語、成句なども二行に分割されないように書きます。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

このブログ記事について

このページは、-が2015年11月11日 11:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一年一度の無事の便りが年賀状~JDPアセットマネジメント株式会社」です。

次のブログ記事は「前文の慣用語句~JDPアセットマネジメント株式会社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。