2016年5月アーカイブ

M&Aとは

M&Aとは企業が別の企業やその事業部門を合併(Merg-ers)したり、買収(Acquisitions)したりする経営手法を指す。

経営の多角化や既存分野の強化のため、または市場開拓や海外進出をスムーズにするために、既にその分野や市場で活動している企業や事業部門をまるごと手に入れて一気に競争優位を実現しようという手法である。

M&Aは、アメリカで巨大コングロマリットが成立する過程で盛んになったため、以前は「乗っ取り」のような否定的な印象で受けとめられがちだった。

実際、バブル期には企業の売買で利益を得ようという投機的なM&Aが、LBOなどの特殊な金融手法とともに一世を風靡した。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

持ち株会社はグループ企業に対する筆頭株主として投資機会の探索やグループ全体の資源配分、経営監視に専念し、傘下の事業会社は業務に専念することで相互の役割分担ができ、経営の責任と焦点が明確になる。

また、不採算事業からの撤退や新規事業への参入がM&A・会社売却によって迅速に可能となる。

さらに、事業ごとに独立した会社を設立することによって、各事業形態に適した組織・人事制度を柔軟に採用することができるといったメリットも挙げられる。

持ち株会社制度導入のためには、持ち株会社設立における株式譲渡益課税の問題等、複雑な商法・税法上の諸規制が大きなネックとなっていたが、99年の商法改正により株式交換・株式移転による会社の設立が認められ、持ち株会社設立が非常に簡易・迅速に可能になったため、今後は持ち株会社制度導入が上場企業を中心に加速度的に進みそうだ。

連結納税制度導入によるグループ全体に対する課税制度の確立、連結決算制度におけるグループ情報のディスクロージャーの拡大など残された課題もある。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

電子商取引の利点

消費者への販売に利用すれば、店舗運営、人件費など販売コストを削減でき、価格引き下げにもつながる。

また消費者と直結して「生の声」を吸収、商品開発に役立てることもできる。

消費者としても時間を節約できるうえ、多くの店舗、商品を見比べやすいなど多くの利点がある。

ネット上の販売、サービスは現段階では大企業も小企業・個人もそう大きな差は出にくいから、系列関係や既存の流通秩序に縛られることの少ないSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)の活躍が目立っている。

また、インターネットの普及で消費者が情報を入手、発信する機会が飛躍的に増えることにより、相対的に消費者の立場が強まっており、購入条件を提示して販売側に応札させる"逆オークション"のサイトも増えている。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。