あいさつの価値は相手をリラックスさせたかどうか~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

あいさつとは、ごく簡単にいってしまえば、これからはじまる人間関係の入口みたいなものです。

人の家を訪問したとき、玄関口でかわすあいさつを思い出してください。

「こんにちは。」

「まあ、いらっしゃいませ。どうぞお上がりください。」

「ごめんなさい。突然うかがったりして...。」

「いいえ、散らかしてますけど、お気になさらないで...。」

「とんでもない。それじゃ遠慮なく。」(と上がりこむ)

「いまお茶いれますからね。」

「あっ、どうぞおかまいなく。」

こういう会話でそれぞれが意図していることは、相手をリラックスさせることなのです。

訪問の目的は別にあっても、まずこうしたあいさつ、つづいて、さしさわりのない近況報告があって、それから本題に入る。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2017年2月16日 16:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来客を案内するときは半身の姿勢で先導する」です。

次のブログ記事は「職場環境の変化と人間関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。