受付でクロークを兼ねる時

受付でクロークを兼ねる時は、番号札などを用意し、預かり物と引き替えに渡し、まちがいのないようにしなければなりません。

受付係の服装は、男性ならばダークスーツ、女性は中振袖か訪問着、カクテルドレスやフォーマルなスーツなどが適当です。

披露宴が始まったら受付係も会場に入り、席に着きますが、多少遅れて来る招待客もありますので、開宴後も三十分間くらいは、だれか受付に残るようにします。

署名簿は、結婚した二人にとって貴重な思い出の品になるものです。

破損したり、紛失したりということのないように、また、署名もれのないように、十分な注意が必要です。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会


このブログ記事について

このページは、-が2017年6月26日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「受付の役割と心得 その2~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

次のブログ記事は「かつて行なわれていた足入れ婚~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。