中国料理のマナー その2~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

他の人が料理をとり分けているときに、その人の手の上に腕を伸ばしてとったり、身をのり出すようにしてとったりするのはエチケットに反します。

かならず他の人のようすを見ながら、だれも料理に手を出していないときに、回転台をまわして、手前にきたらとり分けるようにすることがたいせつです。

なお、主人側の人が料理をとってくれることもありますから、「どうぞ」とすすめられたら、遠慮しないで小皿を差し出します。

また、回転台がまわされて自分の前に止まっても、その料理を食べたくない場合は、手をつけずに隣へまわしてもかまいません。

無理に小皿にとってから手をつけなかったり、食べ残したりすることは無作法になります。

小皿に自分でとり分けたものは、残さずにきれいに食べるのがエチケットです。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2017年8月19日 06:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国料理のマナー その1」です。

次のブログ記事は「親族杯のかわしかた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。