ハネムーンよりみなさまと

新郎・新婦の謝辞の一例

(新郎)
私たち二人のために、こんなに楽しい披露宴を開いてくださいまして、まことにありがとうございました。

これからハネムーンに出かけるよりも、みなさまとともにおりたいほどの心境です。

今日の席を準備し、ご列席くださいましたみなさまのご厚意に包まれて歩き始める私たちは、本当に幸せ者だと思います。

これから、この感激を胸に、二人で力を合わせて生きてゆきます、
どうもありがとうございました。

(新婦)
私も邦夫さんと同じ心境です。

でも、やはりハネムーンには出かけたいと思っておりますが。

披露宴がこんなに楽しいものなら、何度でも出席したいほどです。

どうか、独身の方々、頑張って私たちをみなさま方の披露宴にご招待ください。

私たちも、みなさまがうらやむような、明るい家庭を築いてまいります。

本当にありがとうございました。



JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2018年1月12日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美容室から控室への心得 その2~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

次のブログ記事は「人間関係のマナー~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。