2019年1月アーカイブ

料理を取る順序 その1

銀皿の上の料理を食皿に取り分けるには、まず、その料理の主体となるものー魚料理のときは魚、肉料理のときは肉を取り、次に、付け合わせの野菜などを取ります。

この順序を逆にすると、作法知らずということになります。

そして取り終わったら、まず左手のフォークを銀皿のもとの位置(一端)に伏せて置き、次に右のスプーンを伏せて、フォークの上に重ねるか、あるいは、二つ並べて置きます。

フォークとスプーンを左右にばらばらに置くのは、見た目にもだらしがなく、次の客の迷惑にもなります。

料理を客が自分で取り分けるのは、〈お好きな料理を、お好きなだけめしあがってください〉という主人側の意志表示によるものだとしるしましたが、だからといって、ほんとうに好きなものは、二人前でも三人前でも取ってもよいということにはなりません。




JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年10月です。

次のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。