サラダとガルニチュール・料理を食べ途中の時のマナー~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

■サラダとガルニチュールについて
ついでながら、ボアソン(魚料理)やアントレなどにも付け合わせの野菜が付きますが、これはガルニチュールといって、サラダとは別のものです。

ガルニチュールには、たとえば、バターでいためたさやえんどうや、ほうれんそう、しいたけ、かぶ、クリームで煮たにんじん、フライポテトなどが多く用いられます。

■料理を食べ途中の時のマナー
料理を食べている途中で、パンを食べたり、飲み物を飲んだりするために、ナイフとフォークを置く場合は、ナイフ、フォークとも、それぞれ、皿の端にかけて柄を食卓の上につけておくようにします。

そうすれば、ウェーターが回ってきても、その食器を下げることはしません。

しかし、うっかり、ナイフとフォークの両方を皿の上にのせておくと、ウェーターはこのお客は、もう料理を食ぺ終わったもの皿と判断して、その食器を下げてしまいます。




JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2019年4月24日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アントレの食べ方・ボアソンについて」です。

次のブログ記事は「スープのよそい方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。