スープのよそい方

スープ・チェーリンという大きな容器に大きなひしゃくレードルを添えて運ばれてきます。

自分で取り分けるときは、レードルの柄を右手に持ち、スープ・チェーリンのなかのスープをすくって、自分のスープ皿に取り分けます。

一人前のスープの量は、レードルで二杯から二杯半が普通ですから、レードルに七分目ぐらいすくって、三度にわけて、自分の皿に移すとよいでしょう。

レードルにいっぱいにすくって移そうとすると、こぼれるおそれがありますから、かならず、七~八分めぐらいにすること。

以上のように、料理を自分で取りにいくときは、ウェーターの運んできた料理を自分で自分の食皿に取り分けるのが正式ですが、手際よくやれそうもないと思ったときは、ウェーターに取ってくれるよう頼んでもかまいません。

馴れないうちは、むしろ、ウェーターに頼むほうが無難だといえましょう。







JDPアセットマネジメント株式会社の同好会



このブログ記事について

このページは、-が2019年5月24日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サラダとガルニチュール・料理を食べ途中の時のマナー~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

次のブログ記事は「公共財・私的財とは~JDPアセットマネジメント株式会社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。