ニュースの最近のブログ記事

訪ねてきた人が雑談にばかり花を咲かせて、なかなか用件を切り出さないので、なんの用で見えたのかなとイライラさせられることがよくあります。

自分のほうの用事で人を訪ねた場合は「本日はお忙しいところをお邪魔いたしまして」と、ひととおりの挨拶が終わったらすぐに本論にはいります。

ぐずぐずしているうちにほかの客が来たり訪問時間切れになったりして、出直さねばならぬはめにならぬよう、世間話は用件がすんでからにします。

大切な用件で訪ねるときは、訪問前に話す内容をメモしたり、頭の中で練って整理しておくべきでしょう。

相手の用事で訪ねたときには、相手は返事を心待ちにしているのですから、なおさら用件を早くかたづけます。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会 
社会のなかで働いている人の割合が下がったとき、働いていない人たちがそれ相応の生活をしようとすれば、金利などの財産所得や、社会保障などの形で、より多くの所得が働いていない人たちに分配されなくてはなりません。

企業のなかには、定年の延長にともなって、高年齢層の定期昇給を圧縮したり、賃金の体系を年功による昇給を中心としたものから、仕事の内容や責任の重さ、あるいはその人の能力などにおうじて賃金を支払う職務給、職能給へと重心を移すなど、高齢化にむけて、賃金体系の見直しをしているところもすくなくありません。

したがって、このような制度が成り立っていたのは、従業員のなかで、頂点へむかう階段をのぼるホワイトカラーの数が、全体の従業員にくらべて、ごく少なかったことと、戦後の経済の発展のなかで、企業の規模が大きくなり、組織が拡大して、ポストの数を増やすことができたからだといえます。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

できるだけ早いうちに

紹介状は、文書にして開封のまま封筒に入れて渡すというのが正式です。

目上の人への紹介を名刺でするのは、失礼と考えましょう。

紹介の内容は、

(1)自分とその人との関係(友人、同部の後輩、取引先の......等)(2)相手の人の名前(会社名と氏名など)
(3)紹介の理由、目的(新製品の説明書)
(4)会ってほしい旨の伝言(お会いいただければ幸いです等)
(5)日付、となります。

日付は、できるだけ早いうちに、という配慮です。

名刺を利用した紹介状は、比較的簡単なことに限られます。

名刺の右肩上に、紹介したい人の氏名、用件を書き、左肩上に、相手の人の氏名を書きます。

紹介の文面が長くなるときは名刺の表には「委細は裏面に」というように書いて、裏面に書きます。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

突然の来訪者の応対

他社を訪れるときには、あらかじめ先方のアポイントを取ってからというのがビジネスマンの常識です。

しかし、現実には、予告なしの突然の来訪というケースも少なくありません。

もし、突然の来訪者が、初対面の人というときなら、「多忙なので十分程度でよろしければ、お話をうかがいますが......」と、時間を限定して会うようにします。

突然の来訪者、未知の人でも、貴重な情報をもたらせてくれることもあります。

突然の訪問だったのに、気持ちよく会ってくれたと感謝され、以後、いろいろな便宜をはかってもらえることもあるのです。

旧知の人の突然の来訪というときは、「何時ごろから会議があるので、それまでなら......」というように、あらかじめ予定を告げて会うようにします。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

ロシアには「空間を売って、時間を買う」という言葉があるそうである。

 

いまから170年ほど前不可能を信じないナポレオンのモスクワ遠征も、ロシアのモスクワ炎上による青野の術によってもろくも敗退した。

 

68万の大軍も冬将軍とパルチザン、コサック騎兵の奇襲にはひとたまりもなく、パリに逃げ帰ったのはわずか3万人だった。

 

ロシアでは、退却し時間をかせぐ空間が、たっぷり残されているのである。

 

次の経験、第二次大戦中のナチス・ヒットラーの電撃的侵入である。

 

ナチス・ドイツは独ソ不可侵条約などを一片のほこにしてロシア大平原に大軍を進め、レニングラードもモスクワも陥落寸前まで攻めたてた。

 

この大戦によってロシア側は戦死七百万人、負傷者を加えると実に2千万人の尊い犠牲を払ったのであるが、自然の酷烈さが最後に侵略を食い止め、勝利を収めたのである。


JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

東海道新幹線は軌条の上を車輪が走行することによって、東京から新大阪までの515.4キロメートルを2時間56分で到達することができるといった大幅な時間短縮を実現し、第2の交通革命とも称すべき大きい変革を展開したことについてはすでにふれた。

 

がしかし、鉄軌道上を走行することを前提に無限にスピードアップすることができるかといえば、答はノーである。

 

なぜか。

 

それは車輪とレールの間に一種の粘着力目摩擦係数があるからである。

 

この軌条と車輪との摩擦係数はスピードを上昇させるにつれて低下し、走行抵抗と粘着力とが等しくなるX交叉点に達すると車輪が空転してそれ以上に加速することができなくなる。

 

東海道新幹線に例をとると、トンネル外では時速で約370キロ、トンネル内の湿度が高い条件では310キロが均衡速度になる。

 

この「粘着の壁」をのり越えて、それ以上の高速交通機能を実現するためには、車輪を使わない浮上型の交通システムへと質的な転換が必要となる。

 

例えばリニアモーターカー・システムによる浮上と推進システムの複合技術によるほかはない。

 

あるいは、ジェット機のような航空機を選択せざるをえない。


JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちニュースカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJDPアセットマネジメント株式会社です。

次のカテゴリは東海道新幹線です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。