非科学的な災害態度~JDPアセットマネジメント株式会社

自然はいうだろう「人間どもがお互いに責任をなすり合って、災害の原因のなかからわしを除外するとは心外だ。

わしの力をみくびるのもいいかげんにせよ。

天災を天災と正しく評価しないうちはだめだ」と。

また人間が存在するから災害が起こる。

だから天災というのはこの世になく、なんでも人災だとかたづけてしまうのは「心頭滅却すれば火もまた涼し」式の宗教的論法で、いまどき問題にならない。

このような非科学的な災害態度こそ東洋的アキラメ精神から一歩も出ていない証拠で、これでは日本は永久に災害国から脱しきれない、つまり日本では災害は長く観念的、評論的、人文的に理解され、常に精神的に対策されても、地域総合科学的な理解と、科学的対策がなされなかった。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

このブログ記事について

このページは、-が2015年7月18日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「五供」とは」です。

次のブログ記事は「日本と欧米の植物的と動物的思考の相違」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。