2016年1月アーカイブ

子どもは、収入をもたないので、親がおこづかいという名目で、子どもに金銭を与えることが多くなってきている。

現代は、貨幣経済社会であるから子どもといえども、成長にともなって金銭に無関係に生活することはできにくくなっている。

子どもに与えるおこづかいの額は、子どもの計算や管理の能力、それに家庭の事情や方針によるが、その使途範囲をはっきりさせて、必要以上に与えすぎないようにすることが大切である。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

家庭での早期才能教育

普通の子どもが教育を受ける年齢より、早い時期から計画的に教育や訓練を始めることによって、その子のもっている才能を引きだそうとすることである。

家庭での早期才能教育の古典としては、1818年にドイツで出版された「カール・ビッテの教育」がある。

その頃、才能は遺伝によるとの考えが一般化であったがビッテの父は、このような考えに挑戦し、息子に物心がつくとことばを教え始めるなど早期才能教育を行った。

彼の信念は、子どもの教育は、いかに早く始めても早過ぎることはないというものであった。

その結果、息子は、9歳でライプチヒ大学に入学を許され、2つの博士号を取得し、21歳でベルリン大学の教授になった。

しかし、このような教育には、賛否両論がある。

JDPアセットマネジメント株式会社に関するニュース

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。