媒酌の依頼について

当日の媒酌人には、婚約のときの仲人に引き続きお願いするケースが多いようです。

仲人とは別な人に媒酌人(頼まれ仲人、名誉媒酌人)を頼むときは、あらかじめ、挙式の日取りや式場の予定を立てて、当人たちと両親の代表がお願いにあがります。

一般的には、男性側の学校の恩師、会社の上司が多いようですが、夫婦で出席できることが第一条件です。

当事者の履歴書、身上書のほかに趣味や知り合ったきっかけ、交際中の出来事など、なるべくくわしくメモにして持参します。

なによりも本人たちをよく知ってもらうことが大切です。

媒酌人を引き受けていただいた後も、挙式までは連絡をおこたらず、その後の進行や相談に乗ってもらいましょう。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2017年1月10日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結婚の準備~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

次のブログ記事は「上司に飲みに誘われた場合~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。