キリスト教・神前結婚式~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

◆キリスト教結婚式は、神前、仏前などの挙式と異なり、家族や親族だけでなくだれでも参列することができます。

また結婚の誓約のときはふたり以上の証人が必要ですが、これは媒酌人夫妻にかぎりません。

ただ日本での教会挙式の場合は、婚約までの今までの経過でいろいろとお世話になったという意味からか、媒酌人が証人になるケースが多いようです。

このキリスト教結婚式には、教派によってプロテスタントとカトリックのふたつの方法があります。

◆神前結婚式は、もともとは土地の氏神の前で氏子として婚姻を報告し、誓いをたてて行なうものでした。

西洋の教会における結婚式と同じように、その土地その土地の由緒ある神社で結婚式が挙げられたものです。

現代は、この神前結婚式が最も多く、結婚式場やホテルの式場で挙式し、ひき続き披露宴も行なえるという便利さが、もっぱら重宝されています。

JDPアセットマネジメント株式会社の同好会

このブログ記事について

このページは、-が2017年4月30日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相手の家庭へのプレゼント」です。

次のブログ記事は「キリスト教式での結婚式のマナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。