アントレの食べ方・ボアソンについて

■アントレ(オードブル・前菜)の食べ方
アントレのうち、ソテーやグリエ、ブレーゼなどのように、肉のやや大きな一切れを焼いたり、いためたり、煮たりして調理したものや、スチューなどの食べ方については、あらためてしるすまでもないでしょう。

右手にナイフ、左手にフォークを持って、左の端から、一口くらいの大きさに切って、フォークでロへ運ぶとよいわげです。

■ボアソン(魚料理)について
ボアソンとは、魚料理の総称で、材料となる魚や甲殻類、貝類の種類もさまざまですし、料理法も、ムニエル、グラタン、フライ、ボイル、グリエ・・・などとじつに、たくさんの種類があります。

しかし、これを食べ方からみると、〈切り身〉と〈尾頭つき、または骨つき〉、それに、えび、牡蠣などの〈殻つき〉の三つに分けることができます。




JDPアセットマネジメント株式会社の同好会


このブログ記事について

このページは、-が2019年3月24日 11:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「料理を取る順序 その2~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

次のブログ記事は「サラダとガルニチュール・料理を食べ途中の時のマナー~JDPアセットマネジメント株式会社の同好会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。